秋の火災予防運動について

令和元年秋季全国火災予防運動が、119日(土曜日)から15日(金曜日)までの7日間行われます。 

 

 

この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるにあたり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、高齢者等を中心とする死者の発生を減少させるとともに財産の損失を防ぐことを目的として、実施されるものです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

志摩広域消防組合では、この運動の一環として、次の行事を実施します。

火災を未然に防止するためには、一人ひとりが防火の重要性を認識することが必要です。

この運動を機会に、日頃から火気の取扱いに十分注意し、火災予防にご協力ください。

 

 

 

 

 

 

 

住宅防火 いのちを守る 7つのポイント

3つの習慣

  • 寝たばこは、絶対やめる。

  • ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。

  • ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策

  • 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。

  • 寝具や衣類からの火災を防ぐために、防炎製品を使用する。

  • 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器を備える。

  • お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

 

お問い合わせ

    志摩広域消防組合 消防本部 予防課
    〒517-0501
    三重県志摩市阿児町鵜方3080番地
    電話:0599-43-2406
    E-mail:yobou119@shima-area.or.jp
     

    カテゴリー: 未分類   パーマリンク

    コメントは受け付けていません。