組合の概況

当志摩広域消防組合は、三重県の伊勢志摩国立公園の南端に位置し、昭和48年4月1日志摩郡の5町(阿児町、志摩町、大王町、磯部町、浜島町)と度会郡南勢町によって構成され発足し、管内の人口は約7万人で、各町に署、分署を設け、職員142名が重要な使命達成に全力を傾注しております。

気候は温暖で、日本有数のリアス式海岸を有し、風光明媚な観光地としての文化遺産も多く、四季を問わず多数の観光客が訪れています。

なお、平成16年10月1日から志摩郡5町が合併し、「志摩市」になり、また、平成17年10月1日から南勢町と南島町が合併し、「南伊勢町」が誕生し、「新市」「新町」の構成となりました。

志摩広域消防組合の組織

消防本部志摩消防署・・・阿児町鵜方
※分署・・・・志摩分署大王分署磯部分署浜島分署南勢分署

コメントは受け付けていません。