全国版救急受診アプリ(愛称「Q助」)について

住民による緊急度判定を支援し、利用できる医療機関や受診手段の情報を提供するため、緊急度判定プロトコルver.2(家庭自己判断)をもとに、「Q助(きゅーすけ)」のスマートフォン版及びWeb版を消防庁が開発し提供を開始しました。

 

1 「Q助」の概要

急な病気やけがをしたとき、該当する症状を画面上で選択していくと、緊急度に応じた必要な対応(「いますぐ救急車を呼びましょう」、「できるだけ早めに医療機関を受診しましょう」、「緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう」又は「引き続き、注意して様子をみてください」)が、緊急性をイメージした色とともに表示されます。

その後、119番通報、医療機関の検索(厚生労働省の「医療情報ネット」にリンク)、受診手段の検索(一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の「全国タクシーガイド」にリンク)を行うことができるようになり、住民が行う緊急性の判断を支援するものとなっています。

 

2 「Q助」の使用方法

○ スマートフォン版

「消防庁ホームページ」→「救急お役立ちポータルサイト」→「全国版救急受診アプリ(愛称「Q助」)」から、ダウンロード可能です。

また、「App Store」や「Google play」で「Q助」で検索の上、ダウン ロード可能です。

※アプリはiOS 8.0以上のiPhone端末、Android OS 4.4以上のスマートフォン・ タブレット端末で利用可能です。

○ Web版

「消防庁ホームページ」→「救急お役立ちポータルサイト」→「全国版救急

受診アプリ(愛称「Q助」)」のWeb版で閲覧可能です。

 

3 「Q助」の周知

※URL:https://www.fdma.go.jp/neuter/topics/filedList9_6/kyukyu_app.html

コメントは受け付けていません。